スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
チャーリーとチョコレート工場
ティム・バートン監督「チャーリーとチョコレート工場」



貧しいチャーリー・バケット少年は、大好きな天才パティシエ ウィリー・ウォンカのチョコレート工場に招待されることになった。
チャーリーの他に、4人の子供が夢のような工場見学をすることになり、その日を迎える。

面白かった~!
っていうか、結構冒頭から泣きそうだった。ていうか、泣いてた。
「お前はトンマか?」で、泣いた。

あの家族みんな優しい。優しいよ…!

なんか、黒いシュールな映画と思っていのですが、むしろ家族ものだったよ…!
そして、老人は仕事をしていたほうが、体にいいのだと思いました。やっぱり定年引き上げようよ。うん。
あとリスがむっちゃふわふわ可愛かったです。

絶対見た後、チョコレートが食べたくなると思っていたのですが、そうでもなかった。むしろ甘いのお腹いっぱい。
夕飯は魚の煮付けにしました。

スポンサーサイト
【2005/12/20 10:09 】 | 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<あらしのよるに | ホーム | 朱色の研究 >>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukuta.blog4.fc2.com/tb.php/86-42094adf
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。