スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ナイルに死す
アガサ・クリスティー著「ナイルに死す」
加島 祥造訳




美貌の資産家リネットは、友人の婚約者を奪って結婚してしまった。
その新婚旅行のエジプトで、現れた友人にリネットは憔悴する。ナイル河をさかのぼる豪華客船の船上で、夫サイモンを元婚約者が撃つという事件が起こる。同じ日、リネットがベッドで撃ち殺された。真珠の首飾りも消え、そして、殺人が続く。
船の中の誰が殺したのか。ポワロの灰色の脳細胞が閃く。

[登場人物]
エルキュール・ポワロ:私立探偵
リネット・リッジウェイ:美貌の資産家
サイモン・ドイル:リネットの夫
ジャクリーン・ド・ベルフォール:リネットの親友。サイモンの元婚約者
ルイーズ・ブールジェ:リネットのメイド
ジョウアナ・サウスウッド:リネットの友人。
ミセス・アラートン:ジョウアナのいとこ
ティム:アラートンの息子
ミセス・オッタボーン:女流作家
ロザリー:オッタボーンの娘
ヴァン・スカイラー:金持ちの老婦人
コーネリア・ロブスン:スカイラーのいとこ
バウァーズ:スカイラーの看護婦
アンドリュー・ペニントン:リネットの財産管理人
スターンデイル・ロックフォード:ペニントンの共同経営者
ジム・ファンソープ:弁護士
ウィリアム・カーマイクル:ジムの伯父
ギド・リケティ:考古学者
カール・ベスナー:医者
フォーガスン:社会主義的な男
フリートウッド:カナクル号の機関士
レイス大佐:英国特務機関員
女王得意のクローズドサークル。
色々な事件が複雑に絡まって、何がなんだってー!?となる楽しい作品。
登場人物が絡み合って、さすが長編、と思うけども名前がこんがらがって大変。
しかし、全ての言葉がひたりひたりとピースに吸い付いていく、このポワロシリーズの感覚はたまらないですね。

ヘイスティングス役に、敏腕なレイス大佐が現れていましたが、話の端々に、ヘイスティングスとかジャップ警部とか出てきて、ちょっと和んだ。
緑色の目をした老ネコは素敵だなぁ…!

[ネタばれ]
犯人は、サイモンとジャクリーン。元々愛し合っている二人が、銃を撃ったタイミングをごまかして、アリバイに使ったもの。
真珠のネックレスは、盗み癖のあるスカイラーとジョウアナと盗みの共犯であるティムの二人の行動でこんがらがったもの。
スポンサーサイト
【2005/12/10 13:47 】 | クリスティ作品 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<Mr.&Mrs.スミス | ホーム | ロードオブザリング>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukuta.blog4.fc2.com/tb.php/75-4dde4be1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。