スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者
水島精二監督「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」



コミック「鋼の錬金術師」のオリジナルストーリーの映画化。
確かに同一キャラを使った、オリジナル作品でした。

エルリック親子全員が、微妙に色の違う金髪で、細かいなぁと感心しました。
さすが人気アニメ。手が込んでる。

ストーリーですが、原作とはまったく別物で、ここまで別物ならばいっそ気持ちよいかと。
原作終わってないのに、話終わらせなきゃいけないって大変なんだね。
伝えたい事も、原作から窺い知る「人の禁忌」ということをメインにするのではなく、「人はどの世界でも懸命に生きている」ということをまっすぐに突きつけられた感じで。リセットできないってことを思いました。
簡単にリライトはしてくれないのですね、世界は。

まぁラスト、なんで兄貴は元の世界に戻らず引き返しちゃったのだ、とか、何でついてきた弟、とか、ヒロインは!?ヒロインはどうすんだ、馬鹿野郎!とか色々ありますが、何か続いていけそうで、希望ある終わりであったような気がします。
爆弾探索の続編が無くても、兄弟二人が一緒ならば元の世界に戻ってくれそうな、希望が…ああ…ヒロインが置いてきぼりなのがすっごく寂しい。

オタク的視点でさらに言うと、筋肉さんと鷹の目が大変素敵でした。大層好きです。
スポンサーサイト
【2005/08/09 18:12 】 | 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<皇帝ペンギン | ホーム | 月光ゲーム>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukuta.blog4.fc2.com/tb.php/18-9718faa9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。