スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
魔法にかけられて
ケヴィン・リマ 監督

アニメーションと実写を融合したディズニー・ファンタジー。

森に暮らすプリンセスのジゼルは、プリンスとの結婚式の日、魔女である女王にそれまでの世界とは真逆の世界に飛ばされてしまう。
おとぎの国のお姫様は、過激なニューヨークから生きて戻れるのか。


文句なしに流石のディズニー映画。
森の動物たちとお話して、歌を歌えば皆が踊りだし、もちろん運命の王子様と出会う。まさに「おとぎの国」からの始まり。
流れるような仕草に、愛嬌たっぷりの表情は、正に王道のディズニーアニメ。
それが、一転ごちゃごちゃとした実写のニューヨークに舞台が移る。


その余りの潔さに、笑いがこぼれる。
数分の間にどっぷりとファンタジー世界にすっかり馴染んでいたあまり、いきなり現実に引き戻された浮遊感は、とてつもない。
これが、実際にニューヨークに住んでる人だったら、いっそ心地よいのではないだろうか。
どこまでも無邪気で愛らしいプリンセスの美点は、おとぎの国だからこそ素晴らしいのであって、現実世界でははた迷惑なのだと、巻き込まれてしまった弁護士に心底同情してしまう。
でも、どうしても憎めない、そんなプリンセスを、指の先まで完全に生み出していた。

「魔法が使えない」のフレーズでなくなってしまうのではないかと少し心配していたが、歌を歌えば無敵なプリンセス性も健在。ミュージカル風のディズニーアニメを、実写でしたらこうなる!と頷く以外にない見事なものでした。
兎やバンビの代わりに、鳩・溝鼠・ゴキブリと少々ぐろい描写もあったけれど、魔法が使えなくなって友達も呼べず、寂しいお姫様の画を見せられるよりもずっと面白かったと思う。


正直、もっと辛くて切ないものを想像していた。
ファンタジーの世界から、シビアな世界に落とされたプリンセス。見知らぬ土地で恐怖に震えるのだろうか。それとも人間不信に陥ってしまうのか。
どれもお姫様には辛すぎるな、と思っていたのに、あっさりと裏切られた。


居る世界がどうこうでなく、幸せなプリンセス。
皮肉ではなく、それは純真な心を持つプリンセスだからこそ、どんな世界でも見える視界が輝いている。これこそディズニープリンセスなのだと、認識を新たにした。見事に王子様そっちのけなのだね。
プリンセスだけでなく、皆が幸せになれる理由を教えてくれる、素敵な映画でした。


ちょっぴり人間性をつつくノリは、海外のホームドラマとか好きな人にはたまらないと思う。
これまで、プリンセス物はあまり…という人にもお勧めしたい。


リスも素敵。
スポンサーサイト
【2008/03/08 02:19 】 | 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<パコと魔法の絵本 | ホーム | エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukuta.blog4.fc2.com/tb.php/154-f28aa176
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。