スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE
マッコイ斉藤 監督
うすた京介 原作


うすた京介原作のギャグ漫画「ピューと吹く!ジャガー」を実写化。
ミュージシャンを夢見る清彦は、芸能人養成所でふえ科の講師をつとめるジャガーに出会い、希望のギター科でなく、変わり者だらけのふえ科に入れられる。
養成所の赤字の原因であるふえ科は廃止の危機に直面し、ふえ科存続のお金を工面するため、ジャガー先導のもと、無謀な作戦の実行を決意する。


要潤が、ジャガーさん過ぎる!だけど、何より小木ハマー!
面白かった~!
「魁!クロマティ高校」とか好きな人にはいいかも。個人的にはクロ高の方が、クオリティの高かったと思うけど、ジャガーさんも半端無かったです。


原作を読んでたらくすくすぷすぷす絶えず笑える感じ。
あんなに存在感あるハミちゃんスルーとか、ジャガーさんの不思議笛にも触れないのに、ポギーの壊れ方はまとまってたり、珍笛の存在はナチュラルに受け入れられていたり。
うまくまとまってるのに、ぜんぜんまとまってなくって、でもちゃんとまとまってて。
まさに、原作通りの世界!


キャストはピヨ彦が少し濃かったかな?
あとちょっとジャガーさんに突っかかり方が子供っぽいかな~と思ったけど、高菜ちゃんのんん?っと感に比べたら、普通でした。
しかし、要ジャガーと小木ハマーが半端ない。
小木ハマーのうざさと、もやっと感といらっと感、最高!まんま!


踊って踊って、暴力シーン回避すんなら、血まみれグリグラの登場シーンも気を使って欲しかったけど、全体的に楽しい映画でした。
スポンサーサイト
【2008/01/23 01:54 】 | 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 | ホーム | 後巷説百物語>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukuta.blog4.fc2.com/tb.php/148-662a548c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。