スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ガリレオ第1話「燃える」
フジテレビ系列月曜9「ガリレオ」(2007/10/15~)

原作:東野圭吾「探偵ガリレオ」



閑静な住宅街で馬鹿騒ぎしていた若者の一人が、突然頭に火が燃えたち、死亡した。
事件解決に燃える新人刑事・内海薫は、先輩刑事・草薙俊平に紹介され、天才科学者湯川准教授の元を訪ねる。
草薙の解決したという数々の難事件の助言をしていたというその男は、容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能だが、かなりの変人でもあった。
事前に一切のデータを収集せずに、テレビ前に座った結果、まずがっかり。


「草薙刑事、品川かよ!」


いや、品川が嫌いというわけではなく、メインであろう草薙が品川かというがっかり感。
正直、品川さんの困り眉顔を見ると、なんか寂しい気持ちになるんだ…それは品川さんちっとも悪くない。お笑い系で見るのは全然いいの。
でも根入れて見る1時間ちかいドラマにでずっぱりはちょっと…
と思ったら、品川さん草薙じゃなかった!
あぁ、よかった!よかった!サブキャラとしていい味出してください!
と、思ったら。


草薙、どんなプレイボーイだよ!
…なんだろう…結構渋めなキャラだと思ったんだけどな…性格、とか。そこそこ身なりも気を使うし、かっこいいけど、ちゃらついてない、というか。
私的幻想入りすぎでしたか。
それともこれは月9マジックというのか?
ほら、よりわかりやすいキャラにして、とっつきやすくして、メリハリをつけやすく。


そして早々にコウさんにバトンタッチ!
ここらで、さすがに気づく。こりゃ原作とは全然別物だ。
確かに、原作は女っ毛が足りなすぎた。ヒロインは必要です。ここまできたら別物として、受け入れられます。

と、思ったら、先生!先生!?
男前だ…湯川先生、確か、前髪眉上で切りそろえてるんだよね。その原作の一文で、わたしゃ、先生をひそかにぱっつんと呼んでいたのに!
ぱっつんらしからぬ男前にびっくり。
てか、CMとかちゃんと見てりゃここまで驚かなかったでしょうに。
あぁ…原作ではもうちょいまともな常識人だったのに…これが月9マジック…!


原作は読んでるから、推理内容は変わらないだろうし~と、もう完全に気が抜けて、湯川先生が閃いた時に、ちかちかちかっと光るCGが、逆に面白いわ~と、結構だるだると見ていたのですが。


45分からの展開がすごく面白かった。
結構あっさりめの原作から、一ひねりも二ひねりもしてあって、偶然と思われたものから、計画的犯罪に。推理を考察し、実践、何度も試行錯誤を重ねた実験から導き出した結果の重さ。
計画的という恐ろしさを、唐沢さんが迫力の演技で魅せ、冒頭の畳のシーンの布石が、最後にぞっと首を撫でる。


軽佻に進んでいたからこその、最後の畳み掛けは次回も期待させるに十分だった。
原作ではそこまで感じなかった、湯川先生の物理への愛も見えたし。コウさんかわいいし。なにより、短編を1時間に伸ばすために、原作とは違う展開が待っているというのは、なんと楽しみなことでしょう。
見続けようと思います。
スポンサーサイト
【2007/10/20 01:38 】 | ドラマ感想 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<美しき殺人法100 | ホーム | 探偵ガリレオ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukuta.blog4.fc2.com/tb.php/143-772b24d6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。