スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
さまよう刃
東野圭吾著「さまよう刃」



長峰重樹の一人娘が、拉致され乱暴された無残な姿で発見された。一人きりの最愛の家族を失った長峰は、犯人を密告する電話を受け、その電話の通りに犯人の一人を見つける。
激昂のあまり犯人の少年を殺害した長峰は、娘の復讐を決意し、姿を隠したもう一人の犯人を追った。
うん。少年犯罪の罰則の不条理さを噛み締めますよ…
少年だから、警察に捕まっても、ただの保護になるんだって思ったら、犯人懲らしめるのは自分しかいないって思っちゃうよ。
う~む。
謎としては、密告電話の主がもう一人居たって言うのがありますでしょうか。
謎解きを楽しむというよりも、考えるべき課題を出されたように感じます。
スポンサーサイト
【2006/09/09 01:14 】 | 東野作品 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<容疑者Xの献身 | ホーム | ゲームの名は誘拐>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukuta.blog4.fc2.com/tb.php/134-5473d14e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。