スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
放課後
東野圭吾著「放課後」



私立の女子高の更衣室で、生徒指導の教師が密室の中、青酸中毒で死んでいた。それ以前から生命の危機を感じていた数学教師の前島は、自分が狙われたのだと確信し、犯人を探す。
事件が迷走するなか第二の殺人事件が起こった。
青春小説と銘打たれることもあるだけあって、鋭利な若さがびしびし突き刺さってきますよ…!
女生徒の名前を片仮名書きするあたりとかね。
言葉だけでなく、図解をしてる注意があったのが、個人的に残念。
東野さんはあんまりそういう謎解きには向いてないと思うけど、デビュー作だから色々新しく感じますね。。
動機はエキセントリックながら、女子校の雰囲気・洋弓の緊張感と相まっていたかと。
スポンサーサイト
【2006/08/01 00:24 】 | 東野作品 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ゲド戦記 | ホーム | 桜闇―建築探偵桜井京介の事件簿 >>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukuta.blog4.fc2.com/tb.php/124-3250df24
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。