スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
灰色の砦―建築探偵桜井京介の事件簿
篠田 真由美 著「灰色の砦―建築探偵桜井京介の事件簿」



19歳の冬、桜井京介と栗山深春は「輝額荘」という古い木造下宿に住んでいた。他人だらけの下宿だが、家主の人柄のせいか和気藹々とした一つの家族のように、訳ありの若者たちが身を寄せ合っていた。
しかし、住人の一人が裏庭で変死し、また一人下宿を去る。どこか崩れ始めたバランスの中、また殺人事件が…
帝国ホテルを建てた天才建築家ライトに絡みつつ、若き桜井京介が推理を始める。
うむ。
シリーズものの、過去編から入るものではありませんな。
「昔の桜井京介」といわれても、初めましてなので、初々しさを感じるとかではなく。
ただ、先入観がなかったので、逆にまっさらの瑞々しさを味わえたと思えばこれも良かったかな、と。
この後、現行設定の短編を読んだのですが、先に過去編から入ったせいか、むしろそちらのほうが違和感を感じました。

推理の方向が一方しかない上、偶発事件ということでそこまで練られてない印象を受けましたが、思いが捩れていく様は時代から遅れたような木造の下宿に篭っていくようで、擦れた写真のように儚かったです。
夜に浮き上がる情景が美しく、血の気の無い死体といい、色を殊更避けたような描写が、過去の話なのだと思わせ、雰囲気が作り上げられていました。

ポイントとして、建築家ライトを混ぜ込んで…
う~ん…なぜここまで桜井さんはライトにこだわるのか…こだわってもいいけどもなぜ教授に突っかかるのか…
んんん~?
過去編から入ったせいか、そこに引っかかってました。
何かこだわる理由でも??説明なく突っかかっていく様子が、人間関係形成下手な桜井を象徴しているのかしら?
ん~…推理の大事な鍵になってるのだろうけど、少し違和感。『砦』に絡んでいるかと思えば、そういうわけでもなく。推理にどうというわけでなく…

折角なのに、違和感続き。シリーズ最初から読むべきだったかな?と思いました。


【ネタバレ】
犯人は、父である教授が母を自己に見せかけ殺したと恨みを持っていた家主。
殺したいという願望で作り上げた装置に、住人の一人が誤ってかかってしまったことから、連続殺人事件に。結局父を自殺に追い込んだが、母を死なせた自己は、子供時代の家主のせいであることがわかった。
スポンサーサイト
【2006/07/20 02:18 】 | 推理小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<桜闇―建築探偵桜井京介の事件簿 | ホーム | 猫はコインを貯める>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukuta.blog4.fc2.com/tb.php/114-50cd1510
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。