スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
屍鬼
小野 不由美著「屍鬼」



「村は死によって包囲されている」
棺桶や卒塔婆を作っている外場村。古い小さな村は、閉鎖的にただ存在していた。
猛暑に襲われた夏、村人たちが一人そして二人と死んでいく。老人が多いせいだ、と猛暑のせいだといいながら、村人たちは、文字通り徐々に死に囲まれていく。
未知の疫病かと思われた事態は、移築された屋敷の住人も絡み、少しずつ変容を遂げる。


続きを読んでいるのではなく、勝手に進んでしまうこの焦燥感はたまらなく楽しい。
続きを読む
スポンサーサイト
【2007/11/16 02:19 】 | 小説感想 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ハリーポッターと不死鳥の騎士団

【2007/11/16 01:46 】 | 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。