スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
東亰異聞
小野 不由美 著「東亰異聞」



帝都・東亰。
夜を恐れた江戸から、夜を支配する東亰へ…しかし、夜には様々な魔物が跋扈している。
火炎魔人に闇御前、人魂売りに不可思議な易者。

新聞記者の平河は、便利屋の万造と事件を追ううちに、公爵家のお家騒動に行き当たる…官能美の伝奇ミステリー
続きを読む
スポンサーサイト
【2007/07/10 23:23 】 | 小説感想 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
黒祠の島
小野 不由美 著「黒祠の島」



冷静な目を持つ作家、葛木志保が「3日で戻らぬときは、始末をつけてくれ」と、不吉な言葉と自宅の鍵を残し、失踪した。
葛木を探し、探偵式部剛は、彼女の故郷である、閉鎖的な島に乗り込む。
そこは明治以来の国家神道から外れた「黒祠の島」だった―不気味な風車と風鈴、そして不可思議な社。


そして、式部は葛木を探すうち、葛木が被害者と思われる殺人事件があったことを知る。
閉鎖的な孤島の殺人の連鎖を、紐解く。
続きを読む
【2007/07/07 23:18 】 | 推理小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。