スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
東野圭吾著「宿命」
東野圭吾著「宿命」



新らしく就任した社長が殺害された。背中に刺さったボウガンは、会社の創業者一族、瓜生家所有のものだった。瓜生家の当主となった瓜生晃彦のことを、学生のころから秘かに敵愾心を持っていた和倉勇作刑事が担当することになり、勇作はそこに運命めいたものを感じる。
そして、勇作が求めるものを何もかも、簡単に掬い上げていく晃彦の妻は、昔勇作がただ一人愛した女性だった。
戦時の人体実験の薄暗い過去もちらつき始める長編小説。
続きを読む
スポンサーサイト
【2006/08/30 01:03 】 | 東野作品 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
レイクサイド
東野圭吾著「レイクサイド」



息子章太の、中学受験に備えた並木夫婦。夫俊介は、普段は妻美奈子に任せきりながら、勉強合宿のサポートに湖畔の別荘地に来ていた。
俊介は美奈子が、他の保護者と特別な関係があると踏み、愛人高階英里子に探らせるという思惑があった。
しかし、英里子が他殺体となって発見され、美奈子が殺人を告白。
保護者全員での隠蔽に、俊介は疑問を抱く。
続きを読む
【2006/08/25 01:08 】 | 東野作品 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
トキオ
東野圭吾著「トキオ」



宮本拓実は、息子の最後の姿を見守っていた。
回復の見込みはない不治の病の「時生」。
宮本は、妻に、23歳だった頃に、時を越えて息子が会いに来たのだと告げた。
続きを読む
【2006/08/20 01:10 】 | 東野作品 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
秘密
東野圭吾著「秘密



杉田平介の妻子、直子と藻奈美が、バスの転落事故に遭い、直子は死ぬが、藻奈美は、意識の混濁はしつつも救出された。
回復した藻奈美の体には、直子の精神が宿っていた。平介は、娘の肉体を借りた妻との、不思議な生活をスタートさせた。
続きを読む
【2006/08/10 01:06 】 | 東野作品 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
むかし僕が死んだ家
東野圭吾著「むかし僕が死んだ家」



幼児期の記憶が完全に欠落している別れた恋人に頼まれて、主人公は元彼女「沙也加」の亡くなった父が秘密を隠していると思われる「灰色の家」に向かった。
そこで、少年の日記・同じ時刻で停止している時計・冷蔵庫に残された缶詰など、奇妙な記憶への鍵を見つける。
この家に隠された彼女の記憶とは…
続きを読む
【2006/08/05 01:04 】 | 東野作品 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ゲド戦記
宮崎吾朗監督「ゲド戦記」


アメリカの女流作家アーシュラ・K・ル=グウィンの「ゲド戦記」原作。

世界では、少しずつだが顕著にさまざまな異変が起こり始めていた。
世界の異変の謎を解こうとしている大賢人ゲドは、国を捨てた王子アレンと出会い、共に旅する。そして、アレンは少女に出会う。
続きを読む
【2006/08/04 23:47 】 | 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
放課後
東野圭吾著「放課後」



私立の女子高の更衣室で、生徒指導の教師が密室の中、青酸中毒で死んでいた。それ以前から生命の危機を感じていた数学教師の前島は、自分が狙われたのだと確信し、犯人を探す。
事件が迷走するなか第二の殺人事件が起こった。
続きを読む
【2006/08/01 00:24 】 | 東野作品 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。